後悔しないための病院選び

HOME » 痔の治療に関する豆知識 » セルフチェックの方法

セルフチェックの方法

項目別で見る痔の判断方法

痔かな?と思ったら、すぐさま専門の治療を受けられる病院に行くのがベストなのですが、なかには時間がとれない方、心の準備が…、と躊躇してしまう方もいるのでは。ここでは、そんな方々の為に簡単な痔をチェック方法を紹介します。

  1. 拭き取る時、紙に血が付く
  2. 排便後も痛い。
  3. 排便時に痛みがあり、便意を感じても怖くて我慢する。
  4. 便が硬くて排便すると痛い。しかし排便後は、痛みが無くなる。
  5. 常に大き目のイボが出たままの状態で、指で押し込んでも戻らない。
  6. 便と一緒にイボのようなものが出る。
  7. 排便時にポタポタッと数滴たれる出血がある。
  8. 排便後にもイボが出たままで、軽い残便感を感じる。指でイボを押し込むと引っ込む。
  9. 肛門周辺にしこり、塊を感じる。
  10. 突然ズキズキとした痛みを感じる。腫れがひどく、膿が出ることがある。
  11. 肛門周辺に痛みがあり、腫れたり熱をもっている。
  12. 痛みがひどく、生活に支障が出る。下着に膿が付着している。
  13. ムズムズと我慢できないほどのかゆみを感じることがある。
  14. 突然の出血や痛みがある。

1~4は、切れ痔の可能性があります。このような症状が長期間続くと慢性化してしまいますので、早めに診療を受けましょう。

5~8は、いぼ痔の可能性があります。いぼは、何かおしりから出ているな、とわかります。初期の状態では、出血が見られますが症状が進むとやがて出血が減ったり、無くなったりします。

9~12は、痔ろうかもしれません。痛みや腫れを伴う症状ですからすぐに肛門科へ行きましょう。痔ろうは細菌によって症状が現れます。放っておくとますます悪化し、日常生活にも支障をきたします。

13~14は痔の予備軍です。

環境や体調によっても変わるので一概には言えませんが、肛門周辺に現れる様々な症状は、早期発見のための手がかりです。また、脱腸や細菌感染の可能性も考えられますので注意が必要です。不安があったり、痛みがひどかったりしたら、病院に行くことを強くおすすめします。

おすすめの肛門科医院を紹介しています

 
悩まずツライ痔の症状を改善する方法