後悔しないための病院選び

HOME » 予防法と対策 » 生活の中での予防法

生活の中での予防法

痔の原因になりやすいものは

上手にストレスとつきあっていくために、私たちはお酒、たばこなどの嗜好品を摂取します。また、仕事などで忙しく自炊できないときは、コンビニ弁当などの手軽な食べ物で食事をすますことは多いと思います。

しかし、嗜好品に含まれる刺激物や、コンビニ弁当に含まれる保存料などは肛門の大敵なのですが、いきなりやめろといわれても無理な話です。逆にやめることによって、ストレスをため込んでしまっては、やはり肛門に悪影響を及ぼします。ですから、これらの悪影響を知り、上手につきあっていくことで、改善につながっていくのではないでしょうか。

良くない嗜好品と食べ物

嗜好品でよく挙げられるのがたばこ。たばこに含まれるニコチンは、ビタミンの吸収を阻害してしまうため、吸いすぎると口内炎ができやすくなります。肛門周辺の皮膚は、唇とよく似ているといわれています。口が荒れている場合は、肛門も荒れていると考えた方が良いので、字の不安がある方はこのときは吸わない方が賢明でしょう。また、たばこは血流を阻害しますので、喫煙が習慣になっている方は禁煙するか一週間に1本程度の本数に減らすことをおすすめします。

次にお酒ですが、飲酒すると血行が一時的に良くなり、痔にはいいのではと思っている方も多いようです。しかし実は逆効果、腫れや炎症がひどくなることがあります。とはいえ、お酒は適量であれば血行を促進しますから、冷えや運動不足が原因で痔になっている方には良いかもしれません。

最後に食べ物について。痔持ちの人が避けるべきとよく言われるのが、辛い物とそれに入っているカプサイシン。しかし、カプサイシンには、食欲増進効果や血行促進の効果があるので、適度に摂取する分には問題ないのです。しかし、こちらも取りすぎはいけません。刺激が強すぎて粘膜が弱ってしまうことがあります。コンビニ弁当に関しては、その多くに保存料が入っています。保存料は腸管内の「善玉菌」を減らしますので、脂肪分が多い便が腸管内に詰まりやすくなり、腸に良くありません。

排便を促す食物繊維

痔を改善するには、良い便を作ることが大切。そのために有効なのが、乳酸発酵食品や食物繊維です。乳酸発酵食品は腸内環境を整え、「善玉菌」を増やし、便秘や下痢を予防します。ヨーグルトなどを日頃から摂取するといいでしょう。

また、食物繊維は便意をスムーズにおきるようにしてくれますので、便秘には効果的かと。多く含まれている食材は、大根やレンコン、ごぼうなどの根菜類、豆類などがあります。

日頃から嗜好品やファーストフードをできるだけ抑えて、バランスに富んだ繊維中心の食事を取るようにするなど、生活の中で予防を心がけることが大事です。

 
悩まずツライ痔の症状を改善する方法