後悔しないための病院選び

HOME » 痔の症状を完璧に治すには » 早期発見が肝心

早期発見が肝心

痔の発見は早いほうが良い

おしりから血が出ると、痔のほかにも腸の病気が考えられます。それに気がつかず、軽く侮っていると、後々取り返しのつかないことに…。
ここではそうならないためにも、早期発見の重要性と、似たような症状から見られるほかの病気を紹介。また、検査に使用される器具についても紹介します。

痔は、早期の適切な治療をすれば簡単に治せます。ですが、なかなかその患部が見えませんし、痛みを伴わないもの、気がつかないものなどがありますので、自覚症状が出てからではないと、気がつきにくいと思います。

しかし、排便の後に血がついたり、おしりに違和感があったりと、少しでも痔のサインがあれば、すぐさま専門医を訪ねましょう。そうすることで、一時的な症状か慢性的な症状かがわかりますし、腸の病気が早期に発見されるかもしれません。

素人判断での決めつけは厳禁

痔と同じような症状で、腸に現れる病気は、主に大腸がん、大腸腫瘍、潰瘍性大腸炎などがあります。いずれも出血・血便を伴う場合がありますので、素人では間違えやすいというということがありますが、専門の医師であれば見分けることができます。また、検査をすることによって進行度合いや早期発見につながります。素人判断は最も危険ですので、どうせ痔だろうと軽く見ないようにしましょう。

検査で症状の早期発見をする

さて、病院に行ったとして、検査をする場合にいったいどのようにして患部を診るのでしょうか。それには、肛門鏡、大腸内視鏡、超音波などといった医療器具を使用します。

肛門鏡は、肛門に筒型か二枚貝のような道具を挿入し、肛門内を直接見て診察する道具です。また、電子肛門鏡は患者自身がその映像を見ることができ、詳しい説明を受けられるというメリットがあります。

大腸内視鏡は、肛門から直径1.2cmのファイバースコープを挿入します。受ける前にはゴマやこんにゃく、キノコ類、牛乳などの乳製品やアルコールなどの飲食制限があります。メリットは、腸内のポリープの早期発見や細胞診断ができる点や、早期大腸ガンの場合は内視鏡治療(ポリープをつかみ焼灼)ができるなどがあります。

超音波は、肛門周囲の膿瘍や、痔ろうで膿があるところとその広がりを診断するのに使います。さらに、その種類もわかるため、治療方針や手術術式を決めるのにも役立ちます。

実際に受けてみて、最初はやはり違和感があったのですが、検査専用の下着や布をかけてもらうなどのプライバシー保護が行き届いていましたし、何よりも痛くなかったので安心して受けられましたね。

 
悩まずツライ痔の症状を改善する方法