後悔しないための病院選び

HOME » 痔の症状を完璧に治すには » 手術の流れと費用

手術の流れと費用

日帰り手術の流れと注意点

問診や診察、検査が終了し、いよいよ手術をするとなったとき、どのような流れで進んでいくのでしょうか? ここでは日帰り手術の流れや、その費用の相場について解説したいと思います。

痔の手術では長期入院のケースは非常に少なく、また、技術の発展により患者さんの負担を極力少なくする、日帰り手術が可能になってきました。その日帰り手術の流れは以下の通り。

(1)手術の予約をします
診察終了後、手術の日程を決めます。また、血液検査も行います。血液検査では、手術を行ううえでの問題がないかを確認できるほか、他の疾患がないかも確認できます。

(2)手術前日
通常通りの食事は可能です。指示された場合は、下剤を服用します。

(3)手術当日
午前の手術の場合は朝から、午後の手術の場合は昼から食事を控えます。

(4)手術
症状や手術法にもよりますが、所要時間は1時間弱です。

(5)手術終了
手術が終わったら、結果や完治するまでの生活などに関して、担当医からの説明があります。また、麻酔が効いていますのでベッドで2~3時間は安静にします。麻酔がきれたらトイレに行くことも可能です。

というのが大まかな流れです。また注意点として、手術後当日は入浴はできませんし、体力的にも疲弊し、麻酔もしていますから、車の運転や注意力の要求される機械作業などは控えた方が良いかと思います。加えて、刺激物・アルコールの摂取はやめましょう。

そして手術後翌日は、消毒のため受診します。翌日からはシャワーを浴びることができ、食事制限もありません。アルコールの摂取は可能ですが、飲み過ぎない程度で。

術後2日目になると、入浴も可能になります。その際、あらかじめ渡されていた消毒薬をつかって、患部を消毒します。

日帰り手術の値段の相場は…

これは各病院の設備や手術法などによって値段がまちまちなので、一概には言えませんが、私が調査した結果では、痔核・痔ろうで20,000円~40,000円ぐらい、ジオン注射治療では、15,000円~20,000円ぐらいという相場感でした(3割負担の計算)。

 
悩まずツライ痔の症状を改善する方法