後悔しないための病院選び

HOME » 痔の症状を完璧に治すには » 必ずしも手術とは限らない

必ずしも手術とは限らない

症状によっては切らなくてすむ

痔の治療といえば、手術で患部を切るという怖いイメージが強いと思います。しかし、胃炎が飲み薬で治るように、打撲が湿布で治るように、こちらも切らないで治療する方法があるのです。

たとえば、症状を改善する薬。その種類には内服薬と外用薬、座薬があります。内服薬は、直接口から飲む経口タイプのもの。症状の改善や消炎、抗生物質はもとより、切れ痔などの原因となる、固い便をやわらかくするというような種類もあります。外用薬は、患部に痛みがあり、座薬を差し込めない場合に使用します。軟膏タイプで、ガーゼなどのやわらかい布に取り、患部に優しく押し当てるように塗ります。

座薬は即効性があり、しかも長持ちしやすい特徴がありますので、一般的に使用されています。差し込んだ薬は肛門内で溶けるようになっていますが、しっかりと挿入しないと押し戻されてしまいますので注意して下さい。

最新の手術方法で痛みを軽減

痔の手術は、すごく痛いとの認識が未だに根付いているようですが、それは間違いです。確かに一昔前では、かなりの激痛や後を引く痛みがあるケースもありましたが、医療は日々進歩しているのです。

最近では、周辺の筋肉を傷つけない手術方法や、レーザーを利用した画期的な治療方法など、当時では考えられないような新しい技術があります。特にレーザーを使用した手術では、ICGという物質を使用し、核痔にピンポイントに働きかけるので、比較的短期間で治すことができます。また、痛みも少なく、成功率が高いことから、症状によっては日帰りで済ませられる場合もあります。

ほかにも、内痔核治療でジオン注(ALTA)という注射による治療もあります。これは、痔を保っている栄養血管の血液量を減らし、さらに血管を硬くすることで、弛んだ直腸粘膜部に癒着・固定をさせる方法です。

つまり、痔の栄養を無くして、弱めて固めるといったイメージでしょうか。こちらの最大のメリットは、肛門の痛みを感じない部分に注射をするために、痔核を切り取る手術より痛みが少ないということです。

このように、医学の進歩に伴って、痛みなどのリスクが少ない治療法が確立されています。ですから、痔かなと思ったら、怖がらずに安心して肛門科の検査を受けましょう。

 
悩まずツライ痔の症状を改善する方法