後悔しないための病院選び

HOME » 症状で見る痔の種類 » 痛みや出血を伴う『切れ痔』

痛みや出血を伴う『切れ痔』

切れ痔の仕組みと原因

切れ痔(裂肛)は小さい傷でも激しい痛みを感じ、出血を伴うこともあります。また、痛みから排便することをためらってしまい、それによって症状が悪化する悪循環を招きやすいのも怖いところです。さらに排便のたびに患部に接触があるため、傷が塞がりにくく、慢性化しやすいリスクもあります。

原因としては、肛門は直腸の皮に比べて柔らかくないため、便秘で固くなった便や下痢などの異常便が通ることで傷つくことが挙げられます。治療に関しては、それが急性か慢性かの違い、又は進行度合いによって大きく異なってきます。ですから、症状の段階の判断が重要になってくるのです。

症状の段階と治療方法に関して

切れ痔はその症状によって、3段階に進行します。ここではそれぞれの段階について説明していきましょう。

(1)急性裂肛
急性裂肛はヒリヒリした痛みを伴うものの、初期段階の症状なので、手術は必要ありません。診察を受けると、肛門の痛みを取る消炎鎮痛剤や坐薬、軟膏が処方されると思います。また、便の硬さが問題の場合、便を軟らかくする緩下剤を処方されるケースもあります。改善方法としては、便秘を解消することと、座浴や入浴をして患部を清潔に保つことが挙げられます。

(2)慢性裂肛
慢性裂肛は、便秘や下痢を繰り返すことで同じところが切れてしまう症状です。また、これによって肛門の内部に「見張りいぼ」(肛門ポリープ、スキンタグ)と呼ばれる皮膚のいぼ・潰瘍ができ、外に出てくることがあります。

(3)肛門狭窄
肛門狭窄は(2)の状態がさらに悪化した状態。長引く炎症で肛門が腫れ上がり、狭く搾られてしまう症状です。深く傷ついたことで括約筋まで切れてしまうと、排便後も激しい痛みが継続します。括約筋が切れてしまうと、繊維化してしまい堅くなってしまうので、弾力性が失われてしまいます。そして、肛門管が狭く切れやすくなってしまうのです。

治療には手術の必要があり、症状の進行度に応じて、切開はせずに肛門括約筋をを伸ばして肛門を広げるLSIS法と、肛門管に外側の皮膚の一部を移動させることで肛門を広げるSSG法のどちらかの方法で対処します。

ほかにも、ブジーと呼ばれる指を使って肛門管を拡張する方法や、裂肛周囲から状態の良い皮膚を切り取り移植する「スライディングスキン・グラフト」と呼ばれる手術方法などがあります。

 
悩まずツライ痔の症状を改善する方法