後悔しないための病院選び

HOME » 症状で見る痔の種類 » 出血は痔だけとはかぎらない

出血は痔だけとはかぎらない

出血から見られる様々な病気

おしりからの痛みや出血は、何も痔に限った症状ではありません。ですが多くの方は、そうタカをくくって軽く見てしまうのではないでしょうか。しかし、これにはもっと恐ろしい病気が隠されていることもあります。それに気づかずにいると次第に悪化して、治療に時間がかかることになったりということも…。

そうならないためにも、ここでは出血などから見られる症状から、どんな病気が隠されているのかを紹介していきます。

肛門から出血した場合に可能性のある病気

排泄時に出血があった場合、痔以外にも以下のような病気の可能性があります。

■潰瘍性大腸炎
大腸の粘膜にびらん・ただれや潰瘍ができる病気。腸内で炎症が起こるので、下痢や血液が混じった軟便(粘血便)が排泄されます。また、発熱や急激な体重減少もあらわれます。

■直腸がん
直腸の消化管粘膜にできる腺ガンで、痔と症状がよく似ています。また、この病気は初期に出血を伴うので、痔と間違えやすいです。

■クローン病
大腸、小腸の粘膜に慢性の炎症・潰瘍をおこす原因不明の疾患。切れ痔や痔ろうを生じることもあります。

■肛門がん
直腸の下端から肛門のふちの皮膚の間にできるガンで、痛みを伴う事が多いです。また、肛門の周囲にできるため、外痔核との区別が難しいそうです。

■大腸ポリープ
大腸にいぼ状のものが生じたもので、茎があるものと無いものがあります。そしてこれが大きくなりガン化すると大腸腫瘍になります。これらは、症状が出ても便にわずかな血が混じる程度でわかりづらいのがやっかいです。

■大腸憩室症
食物やガスの発生で大腸内部の圧力が高まり、腸管壁が袋状に飛び出したもの。そして、袋状に飛び出した憩室の中で炎症を起こすため、出血や腹痛がみられます。

■感染性大腸炎
ウイルスや細菌、寄生虫などのさまざまな原因から、下痢や腹痛、発熱、血便を起こします。また、感染力の強い病原体が原因の場合は、入院が必要です。

これらは、腸の病気なので痔の症状と酷似している場合が多く、判断が難しいと思います。そこで、こうした病気を早期発見するためにも役に立つのが「内視鏡検査」です。そして検査は、検査実績が多く、苦痛が少ないと評判の専門病院で受けることをおすすめします。

 
悩まずツライ痔の症状を改善する方法