後悔しないための病院選び

HOME » 症状で見る痔の種類 » 出血や脱出を伴う『いぼ痔』

出血や脱出を伴う『いぼ痔』

日本人がもっともかかりやすい症状

日本人が特にかかる確率が高いのが、いぼ痔。原因は便秘や運動不足などの不規則な生活習慣などにより、肛門周辺がうっ血、こぶ状の塊ができることです。「内痔核」「内外痔核」「外痔核」という3つのタイプがあり、それぞれ治療方法が違います。ここでは、それらの症状の違いと治療方法について説明していきたいと思います。

3つのタイプと治療方法の違い

内痔核は、排便時のいきみの繰り返しなどによってうっ血が生じ、肛門と直腸の間にある歯状線の上部にある内痔静脈叢(ないじじょうみゃくそう)がいぼ状に膨らんだものを指します。症状は、初期では排便時の出血などですが、進行度合いによってはいぼが肛門外に出て、炎症などを伴うことがあります。治療方法は、痔核切除術という手術を行います。これは、現在の手術としては最善の方法とされ、出血や脱出を引き起こす部分を切除する方法です。

外痔核は、内痔核に肛門周囲の静脈が加わったものをいいます。また、加齢により、痔核ができる部分がゆるみ、血管も腫れやすくなるのも原因として挙げられます。治療方法は、軽い場合は軟膏や坐薬、そのほかに硬化療法とよばれる注射療法で対処できます。しかし、症状が重い場合や薬に対する反応が悪い場合は、手術(日帰り)を行うようです。

外痔核は、歯状線の外側にできる痔核をいい、よくある例としては、肛門が腫れたことのない人が、下痢や便秘を繰り返した後に肛門の周りに固いしこりができて、痛みを感じるというのが多いようです。治療方法は、痛みが激しい場合は血栓を切除し、痛みが軽いときは座軟膏で対処します。また、かゆみや皮膚炎がある場合は皮膚用の軟膏、皮膚のたるみなどは観察だけというように、症状に分けて治療されるようです。

いずれにしても、素人判断での対処は危険ですので、専門医院の診察を受けるのが賢明ですね。

 
悩まずツライ痔の症状を改善する方法